ー麻結?鍵を渡したのは、何のため?


森谷さんが電話をかけてきた。
やっと来た。
顔がにやついて止まらない。

耳当ててダイレクトに聞くと迫力がある。
優しい甘い声は…体に染み渡る。


「ごめんなさい…私からかけようと思ったんだけど、森谷さん忙しいと思って…」

これは、真実半分。
一度電話したら何度もかけたくなって、そのうち止まらなくなってストーカーのように何度も連絡してしまうかもしれない。


ー遠慮したんだね。
お兄さんのことで、君は僕の置かれた状態がわかってるから。
でも…君の声聞きたい。
留守電でもいいから入れといて


「ん…そうする」

本当は、留守番電話なんて御免だ。
森谷さんの声で録音してもらうのは大賛成だけど。


ーそれでね、今日は早く帰れそうなんだ。だから僕の家で待っててくれる?


「はい。森谷さん、夕食は?」


ー僕の分は気にしなくていいよ。自分で用意する。だから必要なのは、君だけでいい…



「わかった。それで、あの…森谷さん?周りに人いないんですか?」
結構、周りから雑音が聞こえてきますけど。

―いるよ。たくさん。けど、誰が聞いてようと、そんなこと僕には関係ないけどな。


「ええっ…」

この人は、よくそういうこと平気でおっしゃる。



―じゃあ、楽しみにしてるよ。