三原さんが、恥ずかしそうに言う。

「あの後、裕貴と話すことが出来たの。まあ、結果はわかってると思うけど」


「そうですか…」

「ありがとうって言ってくれて、これからも、仲間として今までのように付き合ってくれるって」

「それをわざわざ、言いに来たんですか?」


「まあ、お礼は建前だけど」


「な、何ですか?」


「何で、あんたなのよ?くやしーい」

ええっ?
なにその敵意むきだしの目は…


「いきなり何ですか!」


三原さんの指が、私の頬をつかみ、グイッと左右に引っ張った。


「痛い!何するんですか!!」


「これくらい、痛くなんかないわよね。ああ!!裕貴のバカ、アホ!」
文句は、森谷さんに言ってよ。


何だったのか分からないけど、三原さんは、本当に謝りたかったらしい。


何でか、はっきり言わなかったけど、


このまま、こじれてしまうかもしれなかった関係を、森谷さんと話して、繋げることが出来たから。


お礼が言いたかったのだと、遠回しに言いに来たのだ。