どうしてだろう。
美月の方が断然目立つのに。

そういえば、変だ。


少々お酒が入っていたせいか、大胆になった。
携帯を取りだし、彼に電話をかける。



呼び出し音が聞こえて、留守電のメッセージが流れた。

私は、息を整えて用意した言葉を伝える。



「えっと…森谷さんまだ仕事だよね?留守電に声入れておいてって、言われたから、そうしようと…」


―麻結?


「ん?空耳」


―違うよ。ほんものだよ。
笑い声が聞こえる。


「森谷さん?」


―そうだよ。珍しいね。君の方からかけてくれるなんて


「声が聞きたくなって」


―なに?


「声が聞きたくなって…」


―誰の?


「あなたの…」


―ん…もう一度聞きたい


「からかわないでよ」