広瀬桃子、23歳。

男性恐怖症のくせして、男子校の先生になってしまいました・・・

そんな私の前に現れたのは、
結城広人くん 18歳。
私のクラスの委員長。

『俺がリハビリしてあげるよ、桃子センセ』

私、先生としてやっていけるの!?







この作品のキーワード
年下  ラブコメ  あまあま  胸キュン  犬系男子  溺愛