1、イッツ・フリー!!


 既に私をご存知の皆様はよくわかってらっしゃると思いますが、私は大阪生まれの大阪育ち。場所は北摂と呼ばれる北の方面なので、さほどベタベタな言葉遣いだったり濃密な地域付き合いがあったりするわけではないのですが、それでも、まあ、大阪人です。
 
 お金にシビアな大阪人。元は天下の台所、商人の町で発展してきたから損得勘定も発達したのだ、と言われていますが、それだからなのかどうかは知りません。

 しかし、タダであるということ、回りまわって自分に得があるという事に、実に敏感な種族であるとは思います。得が大好きなの。自分だけいい思いをすることに抵抗がありがちな日本人の精神文化ですが、私達は気にしません。自分が得、それって素敵~!大好きだわ~って大阪人は多いのではないでしょうかね。

 大阪人(関西人?いや、大阪人に特化すると思う)、山や高原に登る、もしくは田舎に行けば必ずと言っていいほど言うのがこの台詞。

「うわ~、やっぱり空気が美味しいわ~!ほら、あんたら、いっぱい吸っときや!タダやで!」

 空気はタダ。しかも、うまい。だから沢山吸い込んでおけってことですね。これ、普通なんですよ。でも他県民の方と一緒の時にこれ言うと笑われるの。どうしてー?何で何で?どこが笑うとこ?もしかして、苦笑?

 まあ必要ない一言ではあるのかもしれませんね。「タダやし」というのは。でもそれを言うことで、よりお得感が増すのですよ!だって素晴らしいものには何でも価格がひっついてくる現代で、自然の素晴らしい空気が無料だなんて、何て幸せなんだろうって思うでしょ?そこに必要なのです。タダなのに!って。

 会話に笑いの要素を取り入れたいという特徴もあるからかもしれません。その一言で皆が笑ってくれたら嬉しいのです。だから、敢えていうのかも、必要のない「タダやし」の一言を。場が和むでしょ、誰かの笑いは伝染するし。