7、危険物につき、取り扱い注意


 本日のお題は「ビューラー」。ね、女性の皆様にはすぐ判っていただけると思いますが、ビューラーです。あの、睫毛を上げる化粧道具ですね。

 小型の鋏のような形をしていて、それで上下から睫毛をはさみ、角度を変える為の道具です。男性の方も一度や二度はみたことがあるのではないでしょうか。銀色や黒色やと色んな色、それからサイズがあります。全体的に睫毛をはさむものから目尻だけのをはさむものとか。

 私の周りの友達は全員化粧ポーチにいれているし、フィッティングのモデルバイトをしていた頃は本職のモデルさんを美しくメイクアップする方々が1本何万円もするものを使っていました。

 私はあれを、使いません。うーん・・・どうしてなの!?って友達にも聞かれるんですけれどねえ・・・。

 理由は二つあります。その1、パッチリお目目が元々好みでない。その2、単純に、怖いから。

 私は切れ長の目が好きなのです、女も男も。それなのに、自然の重力に逆らって天をつくかのごとくぐりんと上に上がってのびまくる睫毛は、好きではない。マスカラの宣伝などを見ると、その不自然さから「うお!」って叫んでしまいます。怖いだろ、あんな睫毛の人が前から歩いてきたら!確実に避けます、ええ、確実に。

 勿論元々目が大きくて二重の人形アイの方はそれが似合うと思うんですよ、ほどほどであればね、自前の睫毛を上へと上げただけ~であれば!ツィギーやオードリーみたいな二重お目目だったら。だけどアジア系の顔の、はれぼったい瞼ではねえ・・・。一重の方なんか、そのままで美しい目だと思うのですが。

 それでも皆さん大きな目に憧れがあるようで、女性のメイクアップ道具には必ずといっていいほど入っているのがビューラーなのです!だって何もしてない目元って、結構無秩序ですものね。睫毛はあっちこっち向いてるし、揃ってなくて色も薄い。それをしっかりと上に持ち上げてくれるのですから大ヒット商品なんでしょう。