□第八章 波立つ心




ゴシゴシゴシゴシ。
ゴシゴシゴシゴシ。


いつものように無心になって会社のトイレを磨いていると、バタン! と大きな音がして、開いていた個室のドアが突然閉まった。

「わっ」

驚いて飛び上がる。

すると閉まったドアの下の隙間から、足早に出ていくパンプスの影が見えた。

足音と一緒にかすかに聞こえた笑い声。
その笑いに含まれた悪意に、ぞくりと身を固くした。

最近こういう嫌がらせが増えた。
前は遠巻きに睨まれたり陰口を叩かれるだけだったのに。

でも、その理由は分かっているから仕方ない。

グッと歯をくいしばって前を向く。
今日も仕事だ、頑張ろう。
そう自分に気合を入れて、ゴム手袋を脱ぎトイレを出た。

すると、「友野さーん」と叫びながら飛びついてくる男。

「おはようございまーす!」

てめぇ、抱きつくんじゃねぇ!!
こんな会社の廊下で、何考えてんだよバカヤロウ!

「柴崎くん、突然ぶつかってくるの、びっくりするからやめてね」

額に青筋をうかべつつひきつった笑顔でそう言って、しがみついてくる腕をなんとか剥がす。

 



この作品のキーワード
オフィスラブ  俺様  性悪  社内恋愛  大人  意地悪