それから特急で過ぎていった二週間。

国島さんは忙しくなったのもあって、私には構わなくなった。

ただ、机の上に置かれた点数シールを見るたびに、私の胸が変な感じに軋む。
あと1点だ。
自分で食べればすぐ貯まる……のに、ヨーグルトを食べる気分ではなくなっていた。

ヒーローショーは脚本を元に、三笠くんが沢山アイデアを出してくれて、むしろ最初のものよりも良くなっていた。
本番が楽しみだと、私が思ってしまうほどに。

そして、イベント当日。

誰か晴れ男がいたのだろうか。
天気予報的には怪しいと言われていた天気も上々で、私はほっと胸をなでおろす。


「八重ちゃーん」

「明日美!」

「招待してくれてありがとう。俊介くんのヒーローショー見れるなんてすっごい嬉しい」

「急な頼まれごと引き受けてくれしてるたんだもん。招待券都合つけるくらいなんてことないよ」

「じゃあ、ちょっと周り回ってくるね」


三笠くんたちはもうリハーサルに入っている。
友達も呼べるように招待券は二枚渡したんだけど、明日美は一人で来たようだ。

国島さんや企画の面々は忙しく走り回っているけれど、私は今日は役者のお弁当出しとかの接待担当で、それも数人で行うから休憩も取れそうだ。

後で明日美と一緒に回る時間を捻出しよう。