田中草平

俺が初めて君に会ったとき

君は、何の変哲もないこの名前を


「凄い!!いい名前だね!!」


と、褒めてくれた


金髪に緑のカラコン


当時、絶大な人気を誇っていた


モデル Sou(ソウ)だった


俺は、あっさり一目惚れした

高校を卒業して、すぐに働き始めた
イベントなどの企画運営をする会社

ファッションショー会場のプロデュースで、トラブルが起きた

ショーの開催が危うくなった


「まだ、やることあるんじゃない?」

「無理です…100人いないと…」

「見せて……100人ね
あたしが集める、作業やりなよ」


リハーサルに来たモデル達が

これは、無理だと

さっさと帰る中

彼女だけが、諦めなかった


そして、1時間もすると

本当に100人集まり

無事にショーが開催することが出来た


しかし、そのショーに彼女は出なかった


超売れっ子モデルだったのに


姿を消した


あれから5年


俺は、23歳 リーダーとして、仕事を任されるようになった



そして、Souと再会した









2015.10.14 →  2015.10.25







この作品のキーワード
一目惚れ  片想い  一途