どうか、車好きのその子が、あなたの気持ちを疑うことのありませんように。


あなたの心はぶれないあまり。

他人の感情の波と、かみあわないことがある。


そろそろ、それに気づいてね。



私の幸せを、もしも耳にしたならば。

複雑な気分になってくれると、最高に嬉しい。



だけど、たぶん、あなたのことだから。


ほっとして、でも純粋に祝福してくれて。

それで、終わり。



きっと、そんなとこだろうね。





Fin.

──────────
thanks : こたきち様