恵利ちゃん。

最近、男の人にそう呼ばれることがなかったので、一瞬、自分のことだと気づかなかった。


映画館のロビーで、壁にもたれて立っていた私は、少し見回して声の主を探す。

軽く手を上げてこちらに近づいてきたのは、確かに記憶を探れば懐かしく思い出せる、大学時代の先輩だった。



「びっくりした、なんで大阪に?」

「ちょっと、人に会いに。先輩こそ」

「俺は、元々こっちの出身だから。Uターン就職ってやつだよ」



私は、大学でサークルには入らなかったんだけど。

それでも入学当初は、タダで飲み食いできるしと、いくつかの飲み会に参加した。

そこで会ったのが、一年上の彼だった。


面倒見がよくて、盛りあげ上手。

どんなに騒いでも、はめをはずしきらない理性が好ましく。

垢抜けた容姿は、地方から出てきた私には、まぶしいくらい素敵に映った。



「でも言葉、全然わからなかった」

「俺、両親は、東京の出だから」



私の隣にもたれて、あははと笑う。

変わってないなあ。

ううん、やっぱり、年月のぶん落ち着いて、素敵になってるな。


もう、8年前か。

いや、この春で、9年だ。



「相変わらず、可愛いね」

「そんな歳じゃ、ないです」



上京したての、右も左もわからない、あの頃のあどけない可愛らしさが、今の自分に残っているわけがない。

けど悪い気はせず、ふふっと笑いが漏れたところで。


物販コーナーのほうからゆっくりと近づいてくる、背の高い人影と目が合った。