「福田、例の資料の進捗、どんな感じ?」


外出先から戻った池永さんが、無造作に席に座りながら言った。


「全体のレイアウトは出来てます。でも、どうも財務資料が上手く作れなくて」


「一番重要なとこだな。……ちょっと見せて」


椅子をスライドさせて私のそばに近寄り、背後から液晶を覗き込む。耳元に池永さんの吐息を感じて途端に脈拍が増えたけど、資料と数字だけに意識を集中してなんとかやり過ごす。


「ここは線グラフより棒グラフ使った方がいいな。比較強調したいから3Dにして。あと資料は全部カラーにするから、この部分目立つ色にして」


「分かりました」


「文章のレイアウトはこれでいい。文字の大きさ、あと0.5大きくしたら何ページ増えるかまた教えて。それは出来上がってからでいい。……ちょっとたくさん振りすぎだけど、月次処理はちゃんとできてる?」


「大丈夫だと思います」


「無理してミスがあったら本末転倒だから、手に余るならちゃんと言え。資料は野口にも手伝ってもらってるから、ちょっとくらいあいつに振っていい」


「大丈夫です」


私がそう言うと、池永さんが短いため息をついた。

この作品のキーワード
溺愛  甘々  初恋  先輩  純愛  御曹司  王子様