「えぇっ!? 秀明さんとラブホにお泊り!?」


「しっ……。七海子、声が大きい」


週明けのランチタイム。役員応接に響く七海子の大声を慌ててたしなめると、七海子もしまった、というような顔で慌てて口を塞ぐ。


「それに泊まってない。朝方、ちゃんとタクシーで送ってもらったし」



「だけどふたりきりで過ごしたって事だよね!? それで!? ついに秀明さんと……ってこと!?」


「……って?」


「萌愛ってば〜。ここまできて、しらばっくれるのはナシにしてよ〜」


目をキラキラさせながらじわじわ寄ってくる七海子。思わず後退りをしたけれど、あっという間にソファーの端まで追い詰められる。


「それでぇ〜。秀明さんとは〜。だからぁ、そういう甘い関係になっちゃったのかってことよ! きゃっ♡」


言ってしまった後でなぜか照れて、七海子の方が両手で嬉しそうに顔を覆っている。ここまで言われてさすがに合点がいった私は、耳まで赤くなりながら慌てて言った。

この作品のキーワード
溺愛  甘々  初恋  先輩  純愛  御曹司  王子様