†控えめだけど芯は一本通ってる†

早乙女 天祢
Amane Saotome

×

†明るくて優しい妹思いの少年†

比嘉 龍汰
Ryuta Higa



……………………………
100%信じた事なんて一度も無かった、とあるジンクス。

まさかそのジンクスが、己を大きく巻き込む事になろうとは……

予知出来るものなら、したかったよ!
……………………………


「じゃあな、早乙女」


「うん、バイバイ」



極普通の日々を送っていた私の前にある日現れた、キレイな女の子。



「こんにちは」


「アナタ…誰っ!?」


この出会いが、摩訶不思議な言い伝えが、私を変えたのだ。



「頑張れよ」


「ありがとう」



「よくそんな事が言えるな」


「ごめんなさい……」


***********************
棗 海桜・ジンクスシリーズ第3弾

興味のある人は寄っといで!!
***********************



執筆開始:2015 11/4
作品完結:2018 11/14




「こういうのも……幸せって言うんじゃないのかな?」



※2016.4/5、100ページ突破!!・2018.7/29、200ページ突破!!・2018・10/16、300ページ突破!!

この作品のキーワード
恋愛  ジンクス  中学生  棗 海桜