……はぁ、



「……華ちゃん、それ何回目?」


「……え?あ、ごめんなさい!美和さん、今何か言いました?」


「…………」



呆れた顔で息を吐いた美和さんが店の奥から歩いて来て、レジカウンター内私の隣へ腰かけた。



「朝からずーっと惚けてため息ばっかり」


「あ……、」


「昨日何があったの?いつもの眼鏡じゃない理由も同じかしら?」



店内には誰もお客さんは居なくて、美和さんは少し楽しそうに私を覗き込んだ。



「……実は、」



私は昨日あったことを美和さんに話した。



「その人、どんな人なの?」


「どんなって……私はメガネしてなかったからぼやけてたんですけど、それでもカッコイイ人でした」


「へぇー」


「凄く紳士的で優しい人だったんです」


「話を聞く限りそうみたいね」


「名刺をくれて、名乗るだけより安心でしょって」



言いながら私は店の奥へと入り鞄から貰った名刺を取り出した。