僕はいつも疑問だった。

どうして君が僕を選んでくれたのか。

それは嬉しいようで

少しだけ辛かった。


この作品のキーワード
純愛  短編  美人  カップル  感動  ほっこり  片想い  恋愛