次の日、学校で優に昨日の成り行きを説明して、慎也とあったことも全て報告した。

「もー!本当よかったよ!!
いろいろ心配したんだからね!」

「ごめんね!ありがとう!」

なんだかんだあったけど、慎也にも会えたし、何より慎也の気持ちも伝わったしいいクリスマスになったかな?

「東出さーん?お客さんきてるよ!」

優と話していると、同じクラスの子が呼びに来てくれた。

「ほんと?ありがとう!」

「教室の扉のところに立ってる女の子だけど、たしか東出さんの彼氏と仲のいい...」

「美雨...?」

「あ、そうそう!」

多分、慎也のことだろう。
美雨の顔を見た瞬間わかった。
凄く怒った顔してるし。

この作品のキーワード
切ない  優先  クリスマス  友達  彼女  三角関係  卒業  好き  純愛