あれから月日はあっという間に過ぎ、
私達は卒業を迎えた。

あの日以降、慎也を好きだった子たちからのイジメなどはなく、毎日慎也と優と楽しく過ごしていった。

「今日で、卒業か。」

「早いね。」

卒業式も終わり、慎也と2人で教室に残っている。

「いろいろあったね。高校生活。」

「だな〜!」

「これからも、ずっと一緒にいられるかな。」

「...」

私は地元の短期大学に無事合格。
優は美容関係の専門学校へ進学。
慎也も就職の道へと進み、無事職に就けた。

この作品のキーワード
切ない  優先  クリスマス  友達  彼女  三角関係  卒業  好き  純愛