高校の図書館の窓から覗く景色はピンク色から緑色に変わって、その後ろに見える空は限りなくスカイブルーに近い。


……まるで、絵画を見ているみたい。


午後4時の放課後の図書館。


そう思っていると、右側の肩を誰かにコツンとつつかれた。


「……お~い、なにボーッとしてんだよ。勉強するんじゃなかったっけ?」

「あ、ごめんごめん。窓からの景色が、なんか絵を見てるみたいだなって思ってたの」


私がそう言って肩をすくめると、私の右側に座っていた宮間くんが、ちょっとだけ頬を緩めた。


その微笑みに、なんとなく頬が熱くなる。


「もう、6月なんだよな」

「……ん、早いね」

「……俺さ、正直、宮原さんとここまで仲良くなるとは思ってなかった」


宮間くんが私を見ておかしそうに笑う。


「それは、私だって同じだよ」


私も宮間くんを見て、あはっと笑った。


こうして宮間くんと笑いあってるのも不思議だもん。