《華恋side》


「夢羽、待って」


「はやく、はやく」


あれから8年が経った。


10歳になった夢羽は、今でもあの公園を気に入っている。


「あーあ、今日もいないね、パパ」


幼い頃の記憶からか、夢羽は日向をパパだと思っているみたい。


そして、この公園に来れば会えるとも思っている。


「あと2年あるし。まだまだよ」


「ママはつらくないの?パパと会えないで」


「つらくないわけじゃないけど、パパもどこかで頑張ってるはずだから、応援したいの」


「ママ、ほんとにパパの連絡先、知らないの?」


「知らない」


「凛ちゃんに聞こうかな」


お姉ちゃんは、関係は叔母と姪だけど、


まだおばさんじゃないと言い張って、


小さい頃から夢羽には凛ちゃんと呼ぶように言っていた。


だから、今でも夢羽は、凛ちゃんと呼んでいる。

この作品のキーワード
短編10  高校生ママ  子持ち