私は陽葉 優花。16才の私は博士の助手をしている。



37歳の天才かつどこか不思議で紳士的な博士。



オスのミケ猫クローバーが運んでくれた物語。


この作品のキーワード
おじさん  恋愛  年の差  日常  財閥