『氷の生徒会長』



そんな異名を持つ、私の初恋の人。



氷のように冷たく

氷のように美しく

氷のようになびかない




そんな彼に好きを伝えまくる1週間のお話





「入学式の時からずっと好きでした!」

「俺は別に好きじゃない」


わかっていますよ。

それでも私は諦めません!









©︎Ichigo Sakurai

この作品のキーワード
短編10  初恋  先輩  後輩  生徒会長  冷たい