暗くなるまでいつも一緒に過ごしていた2人の幼なじみがとんでもない性格に変貌していた。


あたしはこの変わってしまった2人について行けるのだろうか?


どこにでもいる平凡なあたし
月岡 小夜 つきおか さよ 16歳

自己中で思い通りにならないと不機嫌になる面倒な男
神代 結月 かみしろ ゆづき 16歳

小夜の恋愛対象に入ったくらい優しい人
星川 大斗 ほしかわひろと 16歳


「ふっ。顔真っ赤じゃねぇか。
言ってることとやってることが正反対ですけどー?」

「こんなことされたら、誰だって赤くなるに決まってんじゃん」


結月を前にすると、素直になれない。




「小夜と一緒にいると心が落ち着くよ」

「…どうしたの、急に?」


大斗の優しい言葉、毎回大きな助けとなる。


しかし大斗のあたしへの接し方に不満がある結月が…!?



大人に近づいていっている彼らに、必死についていきます!


執筆開始 2016年1月3日日曜日

完結 2016年3月14日 月曜日



少しでも読んでくれる方に、感謝の気持でいっぱいです(*´ ˘ `*)

まさかの展開に、ハラハラドキドキしちゃってください(o´∀`o)

それ、ポチッとな(。゚ー゚)σ

この作品のキーワード
幼なじみ  豹変  俺様  自己中  好き  照れ屋  気が強い  ピンク16  友情崩壊