梨乃がこの世界にやってきて数日が経った。
なに不自由ない暮らし。

身の回りのことはすべてメイドたちがやってくれる。
だがそれが、ひどく窮屈に思えた。




「プリンセス」




部屋でぼんやりとしていた梨乃の元へクロウがやってくる。
呼ばれた梨乃はちらりとクロウを見る。




「昼食の用意が出来ましたので、お迎えにあがりました」

「・・・いらない」

「プリンセス・・・」




クロウは困ったように眉を下げた。
日に日に元気のなくなっている梨乃に、クロウは気づいていた。
しかし、どうすることもできずただ見守ることしかできなかった。





「クロウ・・・。この世界の事を、教えてほしいの」

「この世界、ですか」

「ええ。なにも知らないなと思って・・・」




梨乃の視線は窓の外へと向いていた。
クロウは少し切なげに微笑み小さく頭を下げ言った。




「仰せのままに」




この作品のキーワード
ファンタジー  プリンセス    騎士    異世界  護る  純愛  F大賞2