私には大好きな人がいる


その人の名前は南星夜くん

クールでかっこよくて頭も良い


そんな南くんを文字通りずっと追いかけてきた




見てるだけで十分幸せだった




「他に彼女ができてもいいの?」



友達にそう言われるまでは……


南くんに彼女?

他の女の子と並んでいるところを見たりするの?



南くんは本当にかっこいいからモテる

今は彼女いないけどいつできてもおかしくない




無理!そんなの耐えられない!



10年越しの想いを伝える覚悟を決め
いざ、南くんとの初会話





「はじめまして、大好きです!
小学生からの初恋で、クールで頭良いのに意外にゲームもしてて漫画も読むギャップや、猫とか小動物が好きな南くんが……」



「何で初対面なのに俺のこと詳しいの?
ストーカー?
怖いんだけど」



ひ、引かれたー!?




本当に大好きなのにどうしてこうなるのっ





私の想いを全部

大好きな君に伝えたいっ!







この作品のキーワード
告白  一途  クール  真っ直ぐ  ピュア