頭上に太陽が輝く、今日も相変わらず天気のいい朝。

いつものように出勤するべく、身支度を終えアパートを出た私の足元にはまだ真新しい黒いパンプスが光っていた。



足にフィットして、履きやすいのはもちろん、ヒールが細めにもかかわらず歩きやすさも抜群。

なにより控えめなツヤのエナメルが高級感を漂わせ、自分の気をキュッと引き締めてくれる気がした。



「……貰ったものは仕方ない。履き潰してやるんだから」



そうそれはまるで、あのチャラチャラした男を踏むかのように。毎日毎日履いて働いてやるんだから。

心に決め、会社へ向かって強く一歩歩き出すと、カッと高いいい音が響いた。





この作品のキーワード
社長  秘書  意地悪  OL  御曹司  イケメン