しとしと、屋根に雨が当たる音がする。

このところ、雨ばかり降っている。春雨もこう長くては気が滅入るというものだ。

天道寺家に貰われてから、もう二月経つ。

遙は慣れないことの多い私に優しくしてくれた。

勿体無いくらいの暮らし。

蝶子は篭女楼の外に出た事がないから何も知らなかったが、聞けば遙はここらで名の知れた絵師らしい。

……遙の絵を見た事はない。


彼は屋敷の中に専用の仕事場を持っており、いつも何時間もそこに篭って絵を描いている。

此処に来た時に、遙から「絶対に入らないように」と釘を刺されているため、足を踏み入れたことはない。

蝶子にとっての遙は、絶対だ。


そして今日も、遙は仕事場に篭っている。




この作品のキーワード
遊廓  和風  明治  遊女  狂愛  百合  愛憎  裏切り  悲恋  花魁 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。