時は明治。

ある絵師と遊女の心中事件があった。

不思議な事にその死に顔は、男も女も、微笑んでいる様だったという……。




それはまだ風光る春のこと──…






「あげは、あんたの水揚げが決まったよ」


此処は『篭女楼』と呼ばれる、吉原の中でも美しい遊女が多いと評判の遊郭。

ここでは遊女の事を【籠女】(かごめ)と呼び、花魁を【籠姫】(かごひめ)と呼ぶ。


「………」


あげはと呼ばれた少女は、長い黒髪、雪の様に白い肌、熟れた林檎の様な紅い唇をした、まさに可憐という言葉に当てはまる美少女だった。

少女は無言で、目線だけをゆっくりと動かした。


「なんだいその目は。あんたを一目で気に入ったって旦那様がいてね、引き取らせてくれって大金積まれたんだ」

女将は、そこまで言うと、はぁ、と深いため息を吐いた。


「気に食わないだろうけど、お前は幸運なんだ。籠姫ならともかく、籠女が娑婆に出られるなんざ、滅多な事じゃないんだからね。せいぜい幸せにおなりよ」


美しさなら篭女楼一と言っても過言ではない彼女だが、彼女には籠姫になれない理由があった。

彼女を買った客は必ず、口をそろえて言うのだ。


「反応がなくてつまらない娘だった」と。


この作品のキーワード
遊廓  和風  明治  遊女  狂愛  百合  愛憎  裏切り  悲恋  花魁 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。