風の噂、とは恐ろしい。
ひどく気紛れな柏木財閥の旦那、義臣の新しい妻は廓の出身、と町中にすぐに知れ渡った。

珠喜は長い睫毛を伏せて、愛しいあげはに文を書いた。内容は嘘ばかりであるが、あげはには心配をさせたくなかった。

姐さんは幸せにしているのだと、いつも綴った。

歳の離れた夫となった義臣は、けして条件の悪い男ではない。色狂いではあるものの、彼は美しい珠喜に夢中になっていた。

時々、義子の貞臣は珠喜を見て笑う。しばらくしての事だ。彼が男色であると知ったのは。


この作品のキーワード
遊廓  和風  明治  遊女  狂愛  百合  愛憎  裏切り  悲恋  花魁 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。