バレンタインにかこつけて

ぼくはきみに

お菓子を焼いてみた



☆.。.:*・゜



ぼくときみが顔を合わせるのは

朗読劇の稽古の場


ぼくはきみと出会う前から

きみの声に恋い焦がれていた



☆.。.:*・゜



箱の中のマカロンをつまんで

きみの口元に運んで 自分の口元にも運ぶ


ほら このくらい

大した問題じゃないんだ。


目次

この作品のキーワード
バレンタイン  男目線  短編  プレゼント  声優  演劇  年齢差  ラヴミイ  異世界ゲーム  ログイン