゛好き゛だと

言葉にしてしまえば、



この関係が壊れるような

気がして




ずっとこの気持ちにフタをして



君に沢山の嘘をついてきた




ごめんね。


本当はずっと、ずっと
大好きだったんだよ。




*〇*〇*〇*〇*〇*〇*〇*〇*〇*

幸せになるための一歩を、
キミは踏み出してくれていたのに

先に手を離してしまったのは
私の方だった。

*〇*〇*〇*〇*〇*〇*〇*〇*〇*



今更、後悔しても

もう何もかも遅い。




この作品のキーワード
恋愛  短編  片想い  友達  男友達  切ない  辛い