【花魁編】
貧しい家に生まれ、国公認の郭に売られた少女・牡丹。
17歳となった彼女の身体は病に侵されていた。
そんな彼女の前に現れたのは馴染み客の奉公人の男であった。
視線が交わるたびに触れる――。

遊女として身を削る牡丹のはじまりの物語。


【女学生編】
17歳の牡丹は女学校で「暴君」と呼ばれていました。
家族からの愛に飢えた牡丹は、当時求められた慎ましく謙虚な良妻賢母とはかけ離れた存在となっていました。

ある日、とある丘に行くとそこにはマントをひるがせた学生服姿の男がいました。
彼を見て、牡丹の中で遊女時代の記憶が目を覚ましました。
しかし牡丹は彼を拒絶するばかりで――。

女学生として生きる100年後の牡丹の物語。


【高校生編】
母に虐待をされた過去を持つ牡丹は孤独な毎日を生きていました。
ある日、転校生として一人の男が牡丹の目の前に現れました。
隣の席の彼と視線が交わるたび、牡丹の花は色づいていきます。

貴女に触れる度に私は女になっていく――。
人を愛する勇気を持つための、女子高校生・牡丹の物語。


【100年経っても、200年経っても、これからの100年も貴女を愛しています】




comicoノベルチャレンジ投稿作です!
イラスト付きはぜひcomicoで読んでいただけたらと思います♪
よろしくお願いいたします(^^)

この作品のキーワード
和風  ハイカラ  歴史  生まれ変わり  花魁  女学生  高校生  ファンタジー  江戸時代  大正時代