どこかにいきたい。

だれかに触れたい。

だけど誰にも触れられたくない。



この作品のキーワード
    生命  瞬間