「ごめんね、朝陽」


「なにが?」


「また助けてもらって…」


「当たり前だから、な?」






そう言って頭をクシャってしてくれるから私のは安心してしまう






朝陽を心から信じてもいい……?






でも…裏切られたら怖い…








「倉庫行くぞ」


「うん」












「夕姫〜〜!!」




やっぱり抱きついて来るのは俊星




「俊星お久しぶり」


「会いたかった〜!!」





可愛いなぁ



私もこれくらい素直になれたらな