シャッターを切る音が
俺を見る眼差しが

ひとつひとつの仕草が
私に向けられた笑顔が

そのどれもが大切だと思えたとき
それはきっと、特別な想いなのだと
気付くことになる


想いは混ざって溶けて
消えはしないけれど
成就するだけでもなくて
変わっていくもの
止めていくもの
変えていくもの

リナリア

そういえばあの日も、
ゆらゆら揺れる小さな花が
逞しく咲いていたっけ。


執筆開始
2018.5.21

この作品のキーワード
初恋  カメラ  片想い    成長  高校生