回りから、キャッー‼キャッー!
と、騒がれた。

直ぐに崇おじさんと美佐おばちゃんが
やってきて、愛浬亜は、
家に連れて帰られた。

おじさんは、
「ありがとうな、綾。
助かったよ。」
「本当に、倒れて
頭でも打ったら大変だった。」
と、美佐おばちゃんも。

茜は、寝ている私の横にいた。

綾は、
「茜ちゃん、大丈夫だよ。
入院したときみたいには、
ならないから。」
と、言った。

「本当?本当に大丈夫?」
と、茜。
「うん、入学の緊張と男の子に
びっくりしただけだから。」
と、言われて
茜は、ホッとした。

少ししたら、愛浬亜は、目を覚まして
茜やおじさん達、綾に
謝ったり、お礼を言っていた。




愛浬亜の心は、少しずつ
少しずつ、闇に包まれていく‥‥‥

皆に迷惑かけてると‥‥
誰かに助けて貰えないと
不安定になるなんて

いつも、高木先生が
いる訳じゃない。

茜に、毎回頼りたくない
おじさん達にも
迷惑ばかりかけて。


それでも、高校生活は
始まった。