「先輩、聞いて下さいよっ!」


「何よ、朝から……」



少し早めに出社して、受注状況を確認していた私。


出社するなり興奮気味に私の元へやって来たのは、3つ年下の沙織。


カタカタとキーボードを打っていた手を止めて、何事かと振り返ってみた。



「見て下さいよ、コレですコレ」


「……えっ?!」



これ以上ないという満面の笑みで、沙織は私に向かって左手を突き出して来た。


その薬指にはシルバーのリングが輝いている。


私は驚いて思わず身を乗り出してしまった。



「コ、コレ……!まさか、婚約指輪?!」


「そうですー!プロポーズされちゃいました」



頬を紅潮させる沙織は、いつも以上に可愛く見えた。