「先輩。せーんぱいってば」


「……あ、ごめん」


「もうー、大丈夫ですか?今日、朝からずっとそんな感じじゃないですかー。具合悪いなら早退して休んだ方がいいですよ」



トントンと沙織に肩を強めに叩かれて、私はハッと我に返る。


朝から数えて、これでもう4回目。


沙織は私の反応の悪さに、心配そうに言ってくれるけれど、具合が悪いわけではない。


ただ単純に、この前のお見合いの事を引きずっているだけ。


あれは私が見た夢だったんじゃないかって、ずっと考えている。


専務に片想いするあまり、夢に願望が出てきてしまったんじゃないかと。



「ごめん、沙織。次ボーっとしてたら、明日のランチおごるから」


「本当ですか?!じゃあ、期待して待ってます!」



自分への戒めのために言ったのに、キラキラした目で期待されるのは困る。