恋をすると途端に
その人を避けてしまう体質の鈴。

そんな鈴が恋をしたのは
営業課長の椎野 康介。

当然、鈴は康介を避けまくり、
仕事にもミスが出て支障をきたす。

更には康介になぜ、自分を避けるのかと
迫られ、返答に困る鈴。

答えない鈴に康介は・・・

「覚悟してろ。お前には最大の嫌がらせをしてやるから」

そう言い放ち、耳にキスをした。

その日から康介の嫌がらせ、もとい
溺愛が始まる。

「俺色に染めてやるから」

淡白な課長のもう一つの顔は俺様。

康介の嫌がらせ、もとい溺愛で
鈴のスキサケは克服できるのか。

戸松 鈴×椎野 康介

好評発売中

あらすじを見る
ごくごく普通のOLの鈴は昔から、好きになった人を避けてしまうという“スキサケ”体質。そんな鈴が好きになったのは、スマートで紳士的な営業部の上司・椎野。今度こそ避けるのはやめようと思うのだが、好きだと自覚した瞬間から避けてしまう。急に態度が変わった鈴に疑問を抱いた椎野だが、鈴の“スキサケ”体質を知って強引に「荒治療で治してやる」と言ってきて、なんとふたりは付き合うことに!?甘く迫る彼に翻弄され、鈴は避けるどころじゃなくなって…!?
この作品のキーワード
オフィス  上司  ラブコメ  ほのぼの  俺様  課長  スキサケ