私は、まだ半分眠ったままの彼に言った。

「拓海、別れよう。
今日から私たち別々の人生を生きるの」


付き合って4年、
今でも拓海のこと大好きだよ。

でも、結婚願望の無いあなたの側にいると
私、ダメになりそう。

だから、ごめん。
別れるなんて勝手なことして。


彼と別れたら、

「元カレが与えてくれなかったもの、
俺ならすべて与えてやれる」

なんて人がいきなり現れて…


私、本当に拓海以外の人と結婚するの?

結婚したいから別れるって
言ったの私なのに…

何で、YESって言えないの?


ずっと聞きたかった言葉、
心から望んだ安心感。
その人なら、与えてくれるって言うのに。

何もかも思い通りなのに。
でも、何で?
なんか違う。どうして?


牧山梨沙 29才 メーカー 庶務課OL
彼の夢も応援したい、
けど自分の幸せも諦めたくない。



吉岡拓海 29才   大学の研究員
研究漬けの理系男子





*前の作品で、三人称で書いてます。

この作品のキーワード
結婚  アラサー  大人の恋  恋愛  イケメン  元カレ  プロポーズ  胸きゅん  地味OL  同僚