「ほら、起きて・・・・・。」



うーん……。
誰かの声が聞こえる。



『まだぁ、寝るぅ……。』




そういい、また夢の世界に入ろうとすると苦しくなる。



「ふーん、起きないんだ。じゃあ、ユウ、、、僕の好きにしていいよね?」





私はそこで意識が覚醒した。
苦しくなったのは抱きしめられているからだ……。




『アル、なに勝手に私の布団に入って抱きついてるの。』



私は、顔をひきつらせ……双子のアルにそう言うと眩しいほどの笑顔で言ってきた。




「勝手にじゃないよ。ちゃんとノックしたし僕とユウの仲だろ?」


「それに今日は、入学式だよ?」




何が僕とユウの仲だよ。
ただの双子……って!!
あ、あ、あぁ…………。




『わ、忘れてたぁーー!!』




や、やばい。
早く支度しないと!
初日は、確かクラス分けするはず、、、遅刻とかまずい。




「だからちゃーんと、起こしてあげたじゃん」



うん、そうだけど、わかったけど。
とりあえず着替えるから出てけ。



「え、出てかないとダメ?」




あれ、今、私口に出してた?
てかなに涙目で上目遣いで首かしげて言ってきてるの。
……可愛いわ、馬鹿って!!


『なに心の中よんでるの?てかそんなあざとく言ってもダメだから。』




アルは、なんかブツブツいいながら部屋から出ていった。
さて今のうちに早く着替えないと!


つい先日届いた制服に着替える。
そしてアルに着るように言われたパーカーを着て、フードをかぶる。

うーん、両方ともやっぱり慣れないな……。



よし、支度できた!




『アるっ


「呼んだー?」



え、いつからいたの!?
まだ言い切ってないのに返事が来たよ、すぐ真後ろから。

まさか……。
いやもうこのさいどうでもいいや。




「学校行こうか♪」


『……うん。』



差し出された手をとり、駅に向かって歩き出す。
お母さんとお父さんは何年も前に他界した。

私の姉は、そんなこと知らないでお城で暮らしているだろうが……。




私は、アルと他愛のない会話しながら駅に行った。