目覚ましだと認識するより一瞬早く、その震動は止まった。

背後で、「やべ」と小さな声がする。

ふっと肩のあたりが軽くなって、同時に冷たい空気が肌に触れ、私は抱きしめられながら眠っていたことを知った。

振り向くと、携帯を手にした姿と目が合う。



「はよ」

「…おはよう」

「悪い、シャワー借りていい? 家戻る時間なさそうだわ」



気だるい空気に、漂うアルコールの気配。

頭を整理するために、数瞬だけ腕に顔を押しつけた。



「下のコンビニがワイシャツとか置いてるの。浴びてる間に一式買ってきといてあげる」

「マジか、助かる」

「なにかほかにいるものある?」



訊きながら身体を起こすと、下半身が心もとない。

Tシャツ一枚で寝ていたらしい。

似たような具合で、ボクサーパンツ一枚で寝ていた彼は、控えめなあくびをしながらぼんやりと私の部屋を見回した。



「歯ブラシ、洗顔…、ワックス、固めのやつ」

「シェーバー?」

「や、それは会社に置いてるからいいや、俺、薄いし。ここから通勤どのくらい?」

「ドアツードアで25分」

「近いな」



ほっとしたように笑う。

私はベッドから出て、外出できる程度の身づくろいを始めた。

後ろで彼も、ベッドを降りる気配がする。



「タオル出すよ」

「サンキュ」

「シャンプーとか適当に使っちゃって」

「ん」



手渡したバスタオルを、少しの間ふたりで持ったまま、なんとも形容しがたい沈黙が下りるのを意識した。

後悔、でもない。

気恥ずかしさなんかでもない。

しいて言えば…疑問?

この作品のキーワード
大人の恋  同期  強引  じれじれ  オフィスラブ  俺様