おい、と声をかけられて我に返った。

目の前に、記憶と同じ顔があって、ぎくっとする。

残暑というほどの気候でもないのに、身体が汗ばんできた。

久住くんは冷静な目で私を見据え、静かに言った。



「俺は自信ない。チャンスがあったら次もたぶん、抱く」



口の中がからからだった。

なにも言えなかった。


淡々と言い放って、久住くんは足早に、オフィスへの帰り道を歩く。

前方から、ほかのメンバーの会話する声が聞こえてくる。

自分の足が止まっていたことに気づいて、はっとした。

小走りで追いつくと、彼が振り返る。



「返事は」

「…わかった」

「それどういう意味」

「つきあうって…意味」



言わされている、という空気を隠せなかった私を、久住くんは軽く笑って許した。



「じゃ、よろしく」



そう言って、私の背中とも腰ともつかない場所をさりげなく叩く。

傍から見れば、気安い同期のスキンシップにも見えるだろう。

けれど触られたほうには強烈なメッセージが届く、絶妙な位置。

自分たちがどういう関係だか、忘れるなよ、って、そんなメッセージ。

私は情けなくも、びくっと反応し、彼にわからないよう震える息をついた。


──これはいったい、どういう事態なの。


この作品のキーワード
大人の恋  同期  強引  じれじれ  オフィスラブ  俺様