非常に意外だった。

久住くんは寝起きが悪い。

起きる必要がある時刻にはちゃんと起きるけれど、必要がない限り寝ている。



「ねえっ」

「いてっ」



日曜日の、もうお昼も近い頃、私がシャワーを浴びても掃除をしても洗濯をしても、ぴくりともせず枕を抱いている彼の背中を、いい加減叩いた。



「今日から出張なんでしょ、寝てていいの」

「夜の便だし…」

「シーツを洗いたいの、起きて」



汚した責任を感じているのか、家主の言葉を尊重しているのか、渋々といった様子でベッドから降りてくる。



「コーヒー飲みたい」

「どうぞご自由に」

「いれてもらったのが飲みたい」



彼女にでも言え!

いや、私がそれなのか。

どうも身に着かないな。



「これ洗濯機にかけたら、いれてあげるから」

「お前、朝から元気だなあ…」

「今日は天気がいいから、起きるって決めてたの。ていうかもう朝じゃないし」

「血圧高そうだなあ…」



寝足りなそうにぐらぐらしている頭を枕で叩いてから、シーツを綺麗なものに取り換えた。

洗い終えたシーツをベランダに干す頃には、太陽はもう真上だった。

素晴らしい秋晴れだ。

二時間もあれば乾くだろう。



「六条って、おい」

「ん?」



部屋の中から、久住くんが顔を出した。

シャワーを浴びていたらしく、バスタオルを腰に巻いている。

この作品のキーワード
大人の恋  同期  強引  じれじれ  オフィスラブ  俺様