抱き合わない夜を数えるようになっていた。

数が増えるごとに、うまく説明できない不安が溜まっていく。

ねえ久住くん。

私たち、なんでこういう関係になったんだっけ。



「寝た」

「知ってる」

「劇場でヒューマンドラマとか…」



サイズ感がもったいない、とよくわからない文句を垂れながら、昼間のカフェで久住くんが伸びをした。



「寝るほうがもったいないと思います。面白かったのに」

「俺の金なんだから自由です」

「なんでもコスト換算? さみしい価値観!」

「お前、その言い方な…」



言いかけて、目が泳ぐ。

そんな彼をじろりとにらんで、傷つきかけた心にふたをした。

花香さんみたい、と言おうとしたんでしょ。

最低。



「謝ってもいいよ」

「悪い…」



ほんとに謝っちゃうしなあ。

自分でも戸惑ったようで、パーカーのポケットに手を入れて、そわそわしている。

再会してからこっち、頭の中が花香さんでいっぱいなんだろう。

それってどうなのよ、と思いはするものの、まあわからないでもない。

彼女のキャラは、なかなか中毒性がある。



「飲んだら行こうか、久住くんも帰らないとでしょ」

「今日中に片づくかなあ」

「手伝うって言ってるのに」

「けっこうです」



どれだけ秘密があるんだろう。

遊びに行った限りでは、物が少なくて整理されている、いかにも久住くんらしい部屋だった。



「俺、今日はあっちで寝るわ」

「わかった」

「ひとりで眠れる?」

「眠れるよ」

この作品のキーワード
大人の恋  同期  強引  じれじれ  オフィスラブ  俺様