あの夜伊達さんと食事をしてから、週に一度は彼と夕飯を食べに行くようになった。

伊達さんはメシ友に近い関係。

遠慮なく話が出来るし、一緒にいて楽しい。

でも、伊達さんは、部下と食事をして仕事に問題がないかさりげなく探りをいれているのだろう。

あの人は人の懐に入っていくのが上手い。

他の営業さんとも食事に行ってるみたいだし、私の仕事の方も伊達さんに何か言われたのか大塚さんが『私も手伝うわ』って声をかけてくれて、息つく間もないくらい忙しい状態は減った。

仕事は楽になったけど、気持ちは複雑。

伊達さんと食事を一緒にする度に彼にはまっていく自分がいて……。

だって、素の彼は意外に気さくで、話も合う。

この作品のキーワード
シンデレラ  御曹司  上司  イケメン  課長