誰かのために生きるという言葉が嫌いだった




また明日、という言葉が嫌いだった




記憶も過去も未来も




どれも信用ならないものだと思っていた








***









だから私は、ゆめをみる




叶わないと知っていても、叶う可能性が低いと知っていても




万に一つの可能性を信じて




私は、ゆめをみる







start 2016.06.06

finish 2017.01.29




この作品のキーワード
和歌  生まれ変わり  特攻隊  戦争  江戸時代  万葉集  額田王  大海人皇子  野いちご大賞