「お前、俺の子を産んでみるか?」

 幻聴かな?

 それとも、何処か違う場所から聞こえてきたのだろうか?

 職場の駐車場で煙草を吸っていた男に、いきなり子供を産めと言われた蓮(れん)。

 諸事情により、今すぐ子供がいると言い出す、訳のわからないイケメン社員(?)、渚(なぎさ)。

 不思議と、彼と会うときは、いつも周りに誰も居ない。

 そして、誰に訊いても、そんな社員は知らないと言う。

 大手の会社を上司にビールをかけて辞めた蓮の摩訶不思議な派遣社員物語。

「この会社には、私に子を産めという悪霊が居ますっ」

「……いやあの、霊は居ないと思うよ」


 聖凪砂様、わか老婦人様、素敵なレビューありがとうございました(⌒∇⌒)

この作品のキーワード
オフィスラブ  御曹司  社長  上司  溺愛  シンデレラ  大人の恋  プロポーズ  秘書  ラブコメ