いけないと分かっているのに、好きになってしまった相手は既婚者だった。


この恋に未来なんてない。


別れようと何度も思ったのに、好きな気持ちを抑える事ができなくてーーー


ある日、営業の笹山 陽平に私が不倫をしている事がバレてしまう。


「玲美さんさ、依存してるって自覚してる?依存するほど好きになるのは、俺だけにしてよ」


「えっ……?な、何言っ」


そう言いかけたら笹山くんが突然キスをしてきた。
普段は大人しめで、地味な彼にあんな事言われてキスまでされるなんて……。


「私は年下なんて興味ないんだからっ!勝手な事を言わないで」


「じゃあ興味のない俺の事を、依存するほど好きにさせてやるよ」


絶対に好きになんかならないんだから!


そう思っていたのに、二人きりになると男の顔になる彼にドキドキさせられてーーー



✱密かに陽平sideの番外編を書いてます✱

この作品のキーワード
年下  不倫  ギャップ  ドキドキ  キス  眼鏡  豹変  オフィスラブ  イケメン  地味男