野球部の君に、









恋をした。









中学生。



夏。




隣の席の君は、ワタシに言った










「お前に応援されたら、

オレ、何本でもホームラン

打てるかも笑」









「いつか甲子園にいって、

お前は俺のために応援歌を

演奏する。

そして、オレが、お前のために

試合に勝つんだ。」










そんな二人の純愛な









   両片想い。

この作品のキーワード
吹奏楽部  野球部